1. ホーム
  2. >
  3. 矯正豆知識(足)
ケンズプロ KENZ-PRO


【外反母指】

足の親指が小指の方へと曲がった状態になってしまうこと。ハイヒールや靴が原因と思われがちですが、本当の原因は、

●足の筋肉や靭帯が緩み、足の横アーチがくずれてしまうこと。
●骨格のゆがみにより重心バランスがくずれ、親指にあった重心が
 人さし指側に移動し親指てしまうことなどが考えられます。

外反母趾は足底の本来あるべきところの重心が移動してしまうことで徐々に骨格をゆがませてしまうことから、足に痛みがなければ特に問題がないというものではありません。骨格矯正で体の重心バランスを整え、同時に脚の筋肉の強化をすると良いでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【アキレス腱炎】

人体で最大の腱であるアキレス腱が、スポーツや作業、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)の筋力や柔軟性の低下などが原因で慢性的に負担をかけることで部分断裂を起こし炎症が起こること。症状としては痛みや腫れ。対応としては早期に原因となったスポースなどを一時中止し様子をみて改善されないようであれば整形外科で受診するとよいでしょう。また、スポーツ前後にはアキレス腱を十分にストレッチをする、スポーツ時にアキレス腱を冷やさないことなども有効です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【くつの外側(内側)がすり減る】

足首自体の歪みはもちろんですが。ほとんどの場合、骨盤以下の関節(骨盤、股関節、膝関節、足関節)に歪みがあるという認識が必要です。O脚やX脚の方に多く、単に見た目の悪さだけの問題ではなく正常な骨格の人と比べると関節にかかる負担が大きく、腰痛、膝痛、冷え性、むくみなどの原因にもなってしまうことがあります。先天的なケースよりも生活習慣によるケースが多いため、骨盤矯正や股関節矯正などの骨格矯正で歪んだ骨格バランスを整えながら、歪みをつくる生活習慣の見直しや日々のストレッチなどで改善が見込めます。

ケンズプロ KENZ-PRO
ケンズプロ KENZ-PRO

[ケンズプロ・矯正コースの流れ]

[1] ローラーベッド
仰向けに寝た状態で背面の筋肉をローラーがほぐします。これにより硬くなっている背骨に動きがつき、関連した筋肉がゆるみます。まず脊柱に充分な可動性をつけていくことが、骨格矯正のための基礎づくりとなります。


[2] フットローラー
足裏のマッサージ機により内臓の反射区である足裏に刺激を与えます。ハーブティー等を飲みながらリラックスしていただきます。

[3] ほぐし
Step1のローラベッドでおおまかに体をほぐしましたが、今度はさらに人の手によって関節の動きを悪くしている筋肉の緊張を取り除くよう、必要な箇所をほぐしていきます。

[4] 矯 正
Step3でさらに体をほぐしましたが(ここまででもゆがみを取り除く効果は十分あるのですが)、それでもなお骨格のゆがみがあるところに対して 骨格矯正を行います。

平日:10:00-20:30 土日:10:00-19:00 定休日: 月、金、祝日
土日の祝日は営業しております。

ケンズプロ KENZ-PRO 診療時間のご案内
ケンズプロ KENZ-PRO 診療について

ケンズプロは骨盤、輪郭、O脚矯正及び骨格全般に関わる全ての矯正を行います。特に骨盤は骨格のバランス上、非常に重要な部位と考えており、骨盤のゆがみは上半身にも、下半身にも影響を与えるもとになります。

また輪郭矯正の技術は、エステや美容整形のそれと一線を画しております。カイロプラクティックの技術に独自のアプローチを加え、あごの関節等のゆがみを整えながら、フェイスラインを本来の状態に導きます。今回10年の矯正経験を積んで独立開業しましたが、これまでの多くの矯正経験をベースにさらに精進して、皆様の健康と骨格づくりのお手伝いをしていきたいと考えております。