1. ホーム
  2. >
  3. 矯正豆知識(骨盤・脚)
ケンズプロ KENZ-PRO


【ヒップ幅・大きさ・出尻】

ヒップの幅は股関節のずれにより起きています。
座り方が悪かったり、片足に重心をのせて立ったりすると、股関節が外側に重心を変え、大転子(だいてんし)という脚の横の部分が外に飛び出るというわけです。

上記に加え骨盤がゆがんでしまうと、さらにヒップが大きくなります。正常な骨盤は逆三角の形をしていますが、骨盤のゆがみにより坐骨が広がると、四角い骨盤となり、お尻が横に広がったような大きなヒップとなったり、骨盤のそりが強くなるとお尻がうしろに厚くなり、いわゆる出っ尻となります。

ゆがんで不恰好になってしまったヒップは、骨盤矯正(骨格矯正)で骨格をもとの正しい位置に戻すことで、本来のきれいな身体のラインをとりもどします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【O脚・X脚】

O脚もX脚も骨盤から股関節にかけてのゆがみにより、脚の骨の重心が正しい位置より、外にずれたり、内にずれることによりおこえます。それらを補正するために膝の上と下 の骨にゆがみがさらにできます。生活上の姿勢からくる場合も多く、先天的なO脚の人は少ないものです O脚(X脚)矯正は骨盤、股関節のゆがみを中心に骨格矯正を行うことで、両脚が正しい重心軸となり改善されていきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【脚の長さの違い1(ゆがみによる)】

骨格のゆがみによる脚の長さの違いは、骨盤や股間節のゆがみによるものが多く、まれに側弯症などによる場合もあります。骨格矯正で骨盤や股関節のゆがみをとり全身の重心バランスを整えることで脚の長さの違いは改善可能です。また、正しい姿勢を始めとする生活習慣の改善やストレッチなどである程度ゆがみを予防することが可能です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【脚の長さの違い2(骨自体の問題)】

脚の骨の長さ自体が違うケースでは先天的なもの、成長過程で左右差がでてくるもの、比較的多いケースとして事故やケガなどで左右の成長差がでてしまうケースがあります。脚の長さの差が2cmくらいまでは靴で調整できますがそれ以上になると手術が必要になります。

ケンズプロ KENZ-PRO
ケンズプロ KENZ-PRO

[ケンズプロ・矯正コースの流れ]

[1] ローラーベッド
仰向けに寝た状態で背面の筋肉をローラーがほぐします。これにより硬くなっている背骨に動きがつき、関連した筋肉がゆるみます。まず脊柱に充分な可動性をつけていくことが、骨格矯正のための基礎づくりとなります。


[2] フットローラー
足裏のマッサージ機により内臓の反射区である足裏に刺激を与えます。ハーブティー等を飲みながらリラックスしていただきます。

[3] ほぐし
Step1のローラベッドでおおまかに体をほぐしましたが、今度はさらに人の手によって関節の動きを悪くしている筋肉の緊張を取り除くよう、必要な箇所をほぐしていきます。

[4] 矯 正
Step3でさらに体をほぐしましたが(ここまででもゆがみを取り除く効果は十分あるのですが)、それでもなお骨格のゆがみがあるところに対して 骨格矯正を行います。

平日:10:00-20:30 土日:10:00-19:00 定休日: 月、金、祝日
土日の祝日は営業しております。

ケンズプロ KENZ-PRO 診療時間のご案内
ケンズプロ KENZ-PRO 診療について

ケンズプロは骨盤、輪郭、O脚矯正及び骨格全般に関わる全ての矯正を行います。特に骨盤は骨格のバランス上、非常に重要な部位と考えており、骨盤のゆがみは上半身にも、下半身にも影響を与えるもとになります。

また輪郭矯正の技術は、エステや美容整形のそれと一線を画しております。カイロプラクティックの技術に独自のアプローチを加え、あごの関節等のゆがみを整えながら、フェイスラインを本来の状態に導きます。今回10年の矯正経験を積んで独立開業しましたが、これまでの多くの矯正経験をベースにさらに精進して、皆様の健康と骨格づくりのお手伝いをしていきたいと考えております。